お知らせ‎ > ‎

schesim version 0.7.2 を公開しました。

2012/03/06 17:15 に Yutaka Matsubara が投稿
schesim version 0.7.2 のソースコードパッケージを公開しました。
ダウンロードページから取得できます。

version 0.7.1 からの主な変更点は、以下の通りです。

  • シミュレータ本体(schesim.rb)
    • 機能追加
      • タスク処理記述から呼び出せるAPIに,rot_rdq,wup_tsk,slp_tsk を追
      • 研究用としてBSSアルゴリズムとTPAアルゴリズムの2つの階層型スケジューリングをlabs/以下に追加
        • bss.rb, tpa.rb
    • 動作変更
      • 出力するTLV可視化用リソースファイルのタスク出力順序を,プロセッサID番号,所属アプリケーションID番号,優先度,ID番号でソートするよう変更
    • バグ修正
      • アプリケーション情報ファイルにおいて,デッドラインを持たないタスクのデッドラインにnullを指定した(もしくは,パラメータ指定を記述しない)場合,パラメータの妥当性チェックでエラーが発生してしまうバグを修正
      • タスクの起動要求がキューイングされたタイミングで,そのタスクの絶対デッドラインを更新した結果,デッドラインミスの検出を逃してしまうバグを修正
      • 残りバジェットの表示において,0未満の値が切り落とされてしまうバグを修正
      • タスクの実行終了と同時刻にそのタスクの起動要求が発生する場合に,起動要求を受け付ける前にタスクの終了処理を実行すべきであるが,タスクの起動要求がキューイングされてしまうバグを修正
    • その他
      • タスク処理記述から呼び出せるAPIの定義をtask.rbからtask_api.rbに分
      • C0カバレッジ情報を取得するコマンドをRakefileに追加
      • バージョン番号を0.7.2に更新
  • タスク生成スクリプト(appgen.rb)
    • 動作変更(シミュレータの最新版に対応)
      • タスクのオフセットパラメータを生成
      • フック関数の定義を削除
      • タスク実行時間を,所属するアプリケーションのシェアに比例するよう変更
変更点の詳細は、ソースコードパッケージ内のCHANGESファイルをご覧ください。
なお、前のバージョンからある制限はこのバージョンでも存在しますので、ご注意ください。

本シミュレータに関するご質問やバグレポート、ご要望等を受け付けています。
また、本シミュレータを用いたリアルタイムアプリケーションの開発・検証、スケジューリングアルゴリズムの教育等にもご協力しています。

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いします。
Comments